【特許の超基礎知識】拒絶理由通知


<拒絶理由通知>

キョゼツリユウツウチ(初めて聞いたときには、何と圧迫感のあるネーミングだろうと思いました)。

ごく簡単に言うと、出願に対して登録が認められない(=拒絶)理由を具体的に示したお知らせです。最終的にダメ!と言われているわけではありません。

この見解に対して意見を述べたり修正したりして登録に持ち込むこことも特許事務所の仕事のひとつです。

ちなみに、海外では単に”Office Action”と呼ばれます。Office Actionの中にrejected や objected と書いてあります。
「拒絶理由通知」の方が中身を表していてわかりやすい?

拒絶理由通知に対する対応についての初歩的コラムはこちら
拒絶理由通知を受けたとき

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。