「米国IT産業における知財と日本への影響」米国知財セミナー2013年12月12日


 

2013年12月12日に開催された弁理士クラブ国際委員会主催の米国知財セミナー。
テーマは「最新の判例に基づく米国IT産業における知財トレンドと日本への影響」。

米国特許弁護士Mr.Myers Wolin氏より米国IT産業における特許・商標・著作権の知財状況を最新の米国判例と共に、日本企業にとって重要な留意点等についてご解説頂きました。

全ての行為が米国内で為されなくても、米国特許の侵害を認めた判決が出てきています。

質問も活発に出て盛り上がり、勉強になりました。
添付写真は、セミナー後の懇親会にて、右が講師のMr.Wolin氏、左は当日モデレータを努めた弁理士クラブ国際委員長の船津です。

Mr. Wolin ; Thank you very much for your useful information. My old iPad says he was happy to be of help.

 

 

コメントは受け付けていません。