和諧号出願


2005年から導入の始まった中国の高速鉄道「和諧号」が、米国での特許出願を目指しているとか。
元々中国の技術じゃないくせに、という論評が多勢を占めているようですね。 まあ、自国の技術として出願したい、という中国のお偉いさんの気持ちもわからなくもなく(笑)。そして、普通は出願が終わるまではそのことは絶対秘密、というのが知財の常識だったりするのに、どうしてこのタイミングで発表しちゃったかな?とも。
一方、当事務所では「公知になってるんだから、特許されないでしょ」「特許っていうか、意匠?」「中国出願を基礎にした米国出願?」「米国のone year ruleだろ」とか、のんびり知財雑談のネタに。
早く出願公開されないかな。

 

コメントは受け付けていません。