米国特許関連の用語解説集です。単なる翻訳辞書と異なり、特許で使用された場合の語句の意味や、米国での具体的な判例を通した対応の指針など、米国特許出願における実務レベルの対応に役立つ情報をまとめました。

誤りなどお気付きの点がありましたら、是非ご連絡ください。


■S

数字ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ


sale

販売。米国における特許出願日(優先日ではない)より1年を越える以前に、米国内において公に販売されている場合、特許されない。[§102(b) statutory bar(法定拒絶条項)]
販売とは、利益を目的とする完成品の販売、又は販売の申し出をいい、試験的販売又は準備行為は含まない。


sanction

制裁措置。制裁措置を取る。


scienter

隠す意図。


scientific principle

科学法則。


Seiko-Epson Case

セイコーエプソン事件。地裁判決では、英文の出願宣誓書に英語を十分に理解できない発明者がサインしているため、特許を無効としたが、CAFCでは、規則に反するものであっても、欺く意思がない以上、特許を無効とするものではないと判示した(CAFC 1999.9.8)。宣誓書は、英文と日本文の併記のものを用いるのがよい。


single dependent claim

単一従属クレーム。


single means claim

単一手段クレーム。単一の手段のみから成るクレームは、実施可能な記載の欠如を理由に§1121.で拒絶される。


Solicitor General

司法長官。最高裁で政府側の弁論をする司法長官。通常、代理人の弁護士が担当する(Deputy Solicitor General)。


sound

称呼(商標の類似の一要素)。


species

種(election species requirement参照)。


specification

明細書。公開制度導入に伴い、段落番号[0001]等を半角太文字で挿入し、その段落番号に続く文章との間に最低でも4スペースを設けるよう推奨されている。


stand-still agreement

停止契約、特許権侵害訴訟で用いられる。


State Street Bank Case

ステート・ストリート・バンク事件。State Street Bank & Trust Co., v. Signature financial Group Inc., CAFC 1998)
ビジネス方法であっても、有用であって、具体的で、更に有形の結果(useful, concrete and tangible result)であれば、法定の主題(subject matter)となり、特許されると判示した。この事件の最高裁判決も、CAFCを支持した。


statement

書き方。


statue

成文法。


statutory bar

法定拒絶条項。


statutory conditions

法定要件。


statutory disclaimer

法定放棄。判決によって、無効なクレームを放棄して有効なクレームを存続させることができる。権利放棄は登録を受ける必要がある。


statutory requirement

法定要件。


sua sponte

CAFCが自発的にen bancにすること[ラテン語]。


subject matter

主題、要旨、特許法の保護対象(§101)。


submission

情報提供。出願公開された発明の特許性を争うために、刊行物を出願公開後2ヵ月以内に特許庁に提供すること。提供期間が短いこと、提供者に陳述が認められないことからあまり利用されていない。


substantial new question of patentability

新たな問題提起。当事者系再審査を行うに値する問題があるかどうかを決めるもの


substantial reason related to patentability

特許性に関連する実体的理由。Hilton Davis最高裁判決(Hilton Davis Chemical Co., v Warner-Jenkinson Co,.最高裁 1997)で、均等論と禁反言について、「特許性に関連する実体的理由」によって発明の一部を放棄した場合、その後、放棄したクレーム範囲で均等を主張することはできないと判示された。Festo事件CAFCでは、「特許性に関連する実体的理由」について特許権発生に対して影響を与えるいかなる理由をも意味し、§102、§103の下で先行技術を克服するために補正を行う場合に限られないとした(complete bar)。更に、Festo事件最高裁判決では、「特許性に関連する実体的理由」についてflexible barを採用した(Festo事件参照)。


summary judgment

略式決定。


supplemental examination

補充審査。


数字ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ