米国特許関連の用語解説集です。単なる翻訳辞書と異なり、特許で使用された場合の語句の意味や、米国での具体的な判例を通した対応の指針など、米国特許出願における実務レベルの対応に役立つ情報をまとめました。

誤りなどお気付きの点がありましたら、是非ご連絡ください。


■L

数字ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ


laches

懈怠。特許権の行使を長期間怠った者は、権利行使できないことがある。特許手続を長期間怠った者は、成立した特許につき権利行使できないことがある(審査懈怠[prosecution laches]参照)。


lack of antecedent basis

先行詞の欠如。方式違反(objection参照)として、クレームにおいて、先行するwordがないと指摘されること。
例)クレーム中に「the device」と出てくるが、その前の文中に「a device」がないこと。最初の「the」を「a」に補正することで方式違反は解消できる。


lacks an advantage or unexpected result

効果又は予想外の結果を欠く。


laws of nature

自然法則(保護対象から除外されたもの)。


legal precedent

判例。


legislative history

立法背景。


Lemelson Case

レメルソン事件,Symbol Technologies v. Lemelson, CAFC January 24, 2002。
上記裁判では、懈怠(laches参照)が問題となった。


letters patent

特許証。


literal infringement

文言侵害(literally infringement参照)。


literally infringement

文言侵害。クレームと侵害物とを構成要件に分解し、クレームの構成要件が全て文理解釈上、侵害物に含まれる場合にのみ侵害が成立するというもの。文言侵害でない場合で、原告が均等論(doctrine of equivalent参照)による侵害を主張していれば、次に均等論による侵害が判断されることになる。


litigation laches

訴訟懈怠。


数字ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ