【特許】

「使える」「実のなる」特許権取得を目指します。

 

弁理士が直接お客様の声を聞き、その対話の中から新たなアイデアを拾い上げます。
御社のビジネスを守り、攻める力となるよう、戦略を練り上げます。

 
 

特許の流れ

特許の流れt01

*拒絶理由通知とは →

 

特許の流れ02

単に登録を狙うだけであれば、最初から狭い権利を主張すれば足ります。しかし、それでは権利範囲が狭すぎて、他社の権利を抑えられないという事態にもなりかねません。お客様とコミュニケーションをとりながら、実際に「使える」権利を粘り強く目指します。

ご用命いただいたお客様には、弊所作成の「特許の基礎知識」を無料で差し上げております。「わかりやすい」「便利」と評判です。

技術分野
電気、電子、通信、ネットワークシステム、コンピュータハード及びソフト、電子商取引、金融、医療、日用品、土木等。
 
 
 

○複数件数を同時に扱う場合や、年間においてある程度まとまった件数をご依頼頂く場合には、手数料を10%~50%割引致します。ご予算や支払い方法なども含め、詳細はご遠慮なくご相談ください。

 

「お問合わせ」→