知財まるわかり」カテゴリーアーカイブ

商標の選び方

仮に、自社の商品と似たマークの商品が流通したら   自社の売り上げが奪われる よその会社の商品の不良品が自社の商品の評判を下げる 自社の商品であると間違って購入した消費者を裏切る   などの様々なダメ … 続きを読む

カテゴリー: 知財まるわかり | 商標の選び方 はコメントを受け付けていません。

「使える」特許にするために~システム系出願のポイント~

企業にとっての「使える」特許とは「同業他社との競争に勝つ」特許である。 ところが、最近公開されているシステム系の出願の中に、実際には「使えない」ものが目に付く。特許請求の範囲(=いわゆる『請求項』)に欠陥を含んでいるため … 続きを読む

カテゴリー: 知財まるわかり | 「使える」特許にするために~システム系出願のポイント~ はコメントを受け付けていません。

「小発明」で、稼ぐ!

「大発明」と「小発明」 お金を稼ぐ特許には2種類あります。1つは、いわゆる「大発明」です。画期的で、それまでの流れを変えることが一目瞭然。このような「大発明」は、技術的に立派なので順調に特許として認められます。そして、お … 続きを読む

カテゴリー: 知財まるわかり | 「小発明」で、稼ぐ! はコメントを受け付けていません。

拒絶理由通知を受けたとき

拒絶理由通知とは 出願審査請求の手続きをした案件について、審査官が「既に出願されている他の発明と同じ」「従来技術から容易に考えつく」等特許できない理由を示す書面が「拒絶理由通知」です。出願人は「拒絶理由」を解消するために … 続きを読む

カテゴリー: 知財まるわかり | 拒絶理由通知を受けたとき はコメントを受け付けていません。

特許事務所へ持ち込む前に—検討のポイント—

1.その発明で利益がでるか その発明で事業を実施し利益を生み出す仕組みになっていない場合、ビジネスとして特許出願する必要はありません。自分で事業を実施せず権利取得後に他社からライセンス収入することは、実際にはかなり厳しい … 続きを読む

カテゴリー: 知財まるわかり | 特許事務所へ持ち込む前に—検討のポイント— はコメントを受け付けていません。